生理痛でお悩みの方へ

  • 毎月の生理痛が痛くて憂鬱
  • 数日間薬を飲まないと痛くて過ごせない
  • お腹が痛すぎて体を動かしたくない
  • 痛みで目が覚める
  • 痛すぎて会社や学校に行くのが億劫

このようなことでお悩みの方は当整体室にお任せください。

生理痛を和らげるにはお腹の柔軟性が必要です

お腹の奥にある子宮周辺の筋肉が固くなると経血が排出されにくくなり、ホルモンが過剰に分泌されます。

過剰に分泌されると子宮の収縮が活発になり、痛みの原因となります。

またお腹が固くなりると冷えの原因にもなります。冷えると血流が悪くなり、ホルモンが子宮内に留まってしまします。

このように痛みの原因となるホルモンの過剰分泌を抑え、留まらせないためにはお腹を柔らかくする必要があるのです。

子宮内膜症等の可能性もありますので、先に婦人科などの病院へご相談後お越しください。

お腹を柔らかくするには腰の柔軟性が必要です

お腹が固い方の多くは腰が固くなっています。仰向けに寝ると腰が反り床から大きく浮いています。

腰が反る姿勢が定着しているのでお腹の筋肉も引っ張られ常に緊張しています。

お腹の緊張を取るには仰向けに寝た際に腰が、床につきお腹を緩める必要があります。

その為には腰の固さを取ることがとても重要です。

ポイント1 お腹には触れません

子宮をはじめお腹には一切触れないのでご安心ください。お腹に触れず柔軟性は出せます。

ポイント2 腰の柔軟性を取り戻します

お腹の固い方は腰が固い傾向にあります。

生理痛でお悩みの方の多くが仰向けになると腰が床から浮いています(反り腰)。

反り腰になるとお腹が前に突き出て固定されるので、自然とお腹がはり固くなっていきます。

お腹を柔らかくするためにも腰の固さを取っていきます。

腰が固くなる原因の1つは姿勢です。

女性は猫背を避けるために過剰なまでに背筋を伸ばし、その結果反り腰になっています。

反り腰を止めるには正しい姿勢を知る必要がありますので、当整体室は正しい姿勢をお伝えしています。

ポイント3 反り腰でも猫背でもない正しい姿勢を身に着ける

当整体室の女性患者さんに脱力した姿勢を取って貰うと、多くの方が酷い猫背と思い込んでいます。

しかし、鏡で確認すると思ったほど背中が丸まってないのを確認しています。

猫背と思い込み背中を真っすぐにしようとして限界まで伸ばし、腰を反らしていました。

このような姿勢を日々行うことで腰が固くなり、反り腰になってしましいます。

これらを避けるために正しい姿勢をお伝えしています。

ポイント4 骨盤矯正

骨盤が歪み動きが固くなるとお腹も動きにくくなり、固くなりやすくなってしまいます。

またお腹が冷える原因にもなります。

お腹を緩める、緩んだ状態をキープするには骨盤の動き・柔軟性がとても重要です。

骨盤矯正はボキボキせずにゆっくりとストレスなく矯正していきます。

骨盤矯正と一緒に周囲の筋肉を柔らかくして、骨盤が大きく動くようにします。

ポイント5 お腹をゆるめていきます

固かったお腹をストレスなくゆっくりと伸ばし柔軟性を出していきます。

両脇付近からお腹の中心部。表面的な伸びからお腹の深部と伸びていきます。

お腹を柔らかくして経血がスムーズに出るようにしホルモンの過剰分泌を防ぎます。

最初に触れたように揉むことを含めお腹に触れないのでご安心ください。

通院回数・間隔の目安

生理痛にお悩みの方は経験則として施術期間が肩こりや腰痛に比べて長い傾向があります。

週1回の施術からスタートして骨盤の動き、腰やお腹の柔軟性が出始めたら間隔を2週間、3週間、4週間と空けていきます。

緩和の目安は生理痛が3か月連続での軽減です。

ご利用料金・施術間隔・施術回数について

ご利用料金・施術時間

初回 初見料1,000円(税込)+6,000円(税込)=7,000円(税込)最大90分
2回目以降 6,000円(税込)最大45分

※保険の適用はございません。

※お得な回数券をご用意していますのお気軽にお問合せください。

※回数券の有効期限は最後のご利用から2か月以内です。

ベビーカーOK、赤ちゃん用のお布団もご用意しています。

ベビーカーと一緒に入れます。また赤ちゃん用のお布団もご用意していますのでご利用される方は、お申し付けください。お母さんの目の届く範囲にベビーカー・お布団を置き施術いたします。

お問い合わせはこちら
▲Page TOP